私たちについて

ごあいさつ

 内科的疾患のうち、最近特に増えている糖尿病、そして高血圧、脂質異常症、肥満などの生活習慣病を中心に診療を行うクリニックを開院いたしました。
 糖尿病の診療については力をいれています。糖尿病は早期発見・早期治療がとても大切です。採血や尿検査で診断が可能ですので積極的に健診を受け、ご自分の健康管理に努めましょう。ご家族になかに糖尿病の方がいらっしゃる場合はご自身の糖尿病発症の可能性がありますので健診が重要です。もし健診で糖尿病や糖尿病予備群の可能性を指摘されたときは、是非、当クリニックを受診してください。症状が無いからと言って放置しておきますと知らず知らずに進行し、全身に様々な病気「合併症」が起こります。
 糖尿病の治療は、食事療法、運動療法、薬物療法の3本柱が基本です。当クリニックでは糖尿病専門医による診察や検査、薬剤の処方だけでなく、看護師や管理栄養士などによる個別での相談・指導を組み入れ「チーム医療」治療にあたります。食事や運動については、調理実習や運動の実践ができる教室を開催します。
 もちろん、その他の内科疾患に関しても丁寧な対応、診察をさせていただきます。

白戸 輔 (しろと たすく)
略 歴
平成元年 弘前大学医学部卒業
平成6年 弘前大学医学部大学院卒業
職 歴
卒業後、青森・秋田県内の弘前大学第3内科関連病院に勤務
1999年10月から千葉県鴨川市の亀田総合病院糖尿病内分泌内科勤務
2007年4月から黒石病院糖尿病内科勤務
2010年4月からは弘前記念病院糖尿病内科勤務
2012年5月から弘前中央病院糖尿病内科勤務
2021年1月糖尿病・生活習慣病 しろと内科クリニック開業
資 歴
医学博士
日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本糖尿病学会 専門医
日本神経学会 専門医

白戸 輔

 私は大学卒業後に弘前大学神経内科学講座(現、脳神経内科学講座)の大学院に入学し、パーキンソン病、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症(ALS)などの神経疾患の診療と研究に取り組み、また、分子生物学的手法の習得のため2年間国内留学として大阪大学細胞工学センター(現、生命機能研究科)谷口研に所属しました。弘前大学病院では第三内科に所属し神経疾患の診療だけではなく、糖尿病・内分泌疾患の診療にも携わり、特に患者様が増えつつあった糖尿病診療の重要性に気づきました。
 1999年10月からは第三内科の先輩である青柳和美先生(現、千葉県館山市 青柳内科クリニック院長)が部長でいらっしゃった千葉県鴨川市にある医療法人鉄蕉会亀田総合病院糖尿病内科(現、亀田メディカルセンター)に所属し月600-800人の外来患者様の担当医として治療にあたってきました。また月平均20名の入院患者様も同科所属医師5人や数名の研修医とともに糖尿病教育入院も行ってきました。
 同院はドイツのSIEMENSEと共同で電子カルテを開発・使用しており、業務の効率化がはかられておりましたが、個々の患者様と向き合う個別指導が糖尿病診療には不可欠で仕事が終わる6時頃にはくたくたになっておりました。しかしこの7年半の経験が糖尿病診療の「引き出し」の多さにつながっていると自負しております。
 本県に戻ってからは、2007年4月より黒石病院、2010年4月より弘前記念病院、そして2012年5月より弘前中央病院に所属し糖尿病診療に携わってまいりました。
 大きな病院ではなかなか出来ないきめ細やかな個別指導を大きな目標に掲げ、新たにクリニックを立ち上げました。この地域で、糖尿病診療として調理実習や運動の実践の教室を行っているクリニックはなく当クリニックが初めてとなり、私にとって新たな糖尿病診療のステージアップと考えております。私やスタッフとともに一緒に歩んでまいりましょう。